ゲスト出演者様紹介


2022年8月9日(火)出演  

入船亭扇辰師匠

いりふねてい せんたつししょう

落語家

ホームページ http://sentatsu-irifunet.com/
facebook https://www.facebook.com/IrifuneteiSentatsu

プロフィール

現在 「にっかん飛切り落語会」
    「日本演芸若手研精会」
    「漫性ろくまく宴」等にレギュラー出演の他 
   地域の落語会にも積極的に出演
   長岡ケーブルテレビ「扇辰ひとり会」放映中
1989(昭和64)年
入船亭扇橋に入門  前座名「扇たつ」
1993(平成5)年5月
二ツ目昇進 「扇辰」と改名
2002(平成14)年3月
真打昇進


Profile Picture

2022年7月19日(火)・7月26日(火)出演  

馬鹿よ貴方は
平井 ファラオ 光 様

ばかよあなたは ひらいふぁらおひかる

お笑い芸人

サンミュージックオフィシャルサイト https://www.sunmusic-gp.co.jp/talent/bakayoanatawa/
平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)【芸人/サンミュージック】Twitter @hirapoyopharaoh
lnstagram hirapoyopharaoh

プロフィール

出身 地 ・・・神奈川県
生年月日・・・1984 年 3 月 21 日
血液 型 ・・・O 型
サイ ズ ・・・座椅子 4 個分 1 84 ㎝ ・ 消火器 13 個分( 65 ㎏ ・靴 28 ㎝ B: 90 ㎝ ・ W: 80 ㎝・ H: 96 ㎝
趣味・・・音楽鑑賞、絵画鑑賞、古代エジプト・ 恐竜 ・ サンリオ
特技 歌・・・(バンドボーカル経験)
経歴 ・・・ヒゲ自慢コンテスト準優勝 、審査員特別賞

THE MANZAI 2014 ・ M 1 グランプリ2015決勝進出!!
〈テレビ〉
NTV「 ヒルナンデス! 」「 PON 」「 ナカイの窓 」
EX「 バクモン学園 」「 Qさま 」「お願い!ランキング」
TBS「 アカデミーナイトG 」 「オールスター 後夜祭 」
CX「 めちゃ× 2 イケてるッ! 」「平成教育委員会」
BS 日テレ 「 笑点 特大号 」
NHK「 オンバト+ 」 「沼にはまって聞いてみた」
NTV「笑点」
EX「 ロンドンハーツ 」「 アメトーーク! 」 [ファラオ]
MBS「 林先生の初耳学 」[ファラオ]
〈ラジオ〉
NACK5「楽園ラジオ」「ラジオのアナ」
QR「大竹まことゴールデンラジオ」
LF「オールナイトニッポン初笑いスペシャル」
TBSラジオ 「 J テレスタイル」「 About TALK 」「マイナビラフターナイト」
〈ドラマ・ 映画〉
[ファラオシリーズ江戸川乱歩短編集 II 「何者」 ストーリーテラー
映画『流山三銃士』
監督 かみ ざともりひと 17.3)
〈ナレーション〉
[ファラオ]
映画『流山三銃士』監督 かみ ざともりひと 17.3)
〈ナレーション〉
[ファラオ]
BSスカ パー ・週刊 スカ パラニュース
市川海老蔵ディナーショー 映像 ナレーション
〈ライブ〉
「サンリオ大好きおじさんの推し事~芸能サンリオ部 非公式 )First impact 」
○各事務所
ライ ブ他 年間 200 本以上出演
★キングオ ブコント 2015 準決勝進出
★漫才新人大賞2015 準決勝進出
(ファラオ)
モグリ‘nROCK ライブなど音楽トークライブ>
(新道)
女芸人フェスなど主催
<連載>
耳マン[ファラオ]

Profile Picture

2022年6月21日(火) /6月28日(火)の出演  

笹目 浩之 様

ささめひろゆき

ウルトラポスターハリスター/プロデューサー

プロフィール

株式会社ポスターハリス・カンパニー 代表取締役
株式会社テラヤマ・ワールド 代表取締役
現代演劇ポスター収集・保存・公開プロジェクト 代表
寺山修司記念館副館長
書家
 
1963年茨城県生まれ。
87年株式会社ポスターハリス・カンパニー設立。
飲食店を中心とした演劇、映画、美術展等のポスター配布媒体業務を確立する。
90年より演劇、映画、展覧会、コンサート、講演会などのイベントの企画・宣伝・プロデュースも多数手がける。
94年、現代演劇ポスター収集・保存・公開プロジェクトを設立。
60年代以降の舞台芸術系ポスターを収蔵し、各界の研究や演劇自身の活性化に役立てている。所蔵品の充実にともない、60〜70年代の演劇ポスターは、独立したコレクションとして高く評価されている。現在まで開催した展覧会「現代演劇ポスター展」「ジャパン・アヴァンギャルドーアングラ演劇傑作ポスター展」「寺山修司と天井棧敷◎全ポスター展」などは国内外約100ヶ所以上におよぶ。
96年には、オーストリア、ハンガリー、チェコにて「現代日本演劇ポスター展」、横浜でセミナー「現代演劇ポスターとグラフィックアート」などを開催。
97年、水戸芸術館現代美術ギャラリー「新宿区北新宿4-3-3原方二階 笹目浩之」展に於いて、自らの姿をポスターとして展示。同年、新国立劇場情報センター(芸術文化振興会)と当プロジェクトとのポスターの収集・データ共有事業を開始した。1999年より毎年、新国立劇場情報センター資料館(銚子市)での展覧会、図録の刊行も始まる。これにより現代演劇系ポスターが公的機関に保存・保管される環境を整えた(現在休止中)。また、開館より現在まで世田谷パブリックシアターポスターギャラリーの企画運営を委託されている。
 2000年、株式会社テラヤマ・ワールド設立。寺山修司の著作権管理及び三沢市寺山修司記念館の指定管理者(2009年から継続中)もつとめる。2013年、寺山修司没後30年記念「レミングー世界の涯まで連れてって」(作:寺山修司/演出:松本雄吉)、2017年、寺山修司記念館開館20周年記念「幻想市街劇[田園に死す]三沢篇」(作:寺山修司/演出:J・A・シーザー、他)の企画、プロデュース。編著に『ジャパン・アヴァンギャルドーアングラ演劇傑作ポスター100』(PARCO出版)。『ポスターを貼って生きてきた。就職もせず何も考えない作戦で人に馬鹿にされても平気で生きていく論』(PARCO出版)、『寺山修司とポスター貼りと。僕のありえない人生』(角川文庫)。

Profile Picture

2022年6月14日(火) の出演  

藤野 和哉 様

ふじの かずや

サッカー選手

プロフィール

東京都出身 
5歳の頃に友人に誘われたのをきっかけにサッカーを始め、中学校時代はジェフユナイテッド千葉U-15に所属。
この時に経験したスペイン遠征で、スペインサッカーに魅了され、高校卒業と共に渡西することを決意。
高校はサッカーで行くことができず、矢板中央高校に一般入試で進学。
今年1月に開催された第100回全国高校サッカー選手権予選では栃木県得点王、本大会でも1ゴールを記録し、全国ベスト16に貢献。
選手権終了と共に渡西し、スペインユース1部.División de honorのVázquez Culturalと契約し、デビュー戦で得点を挙げるなど、今後に注目を集めるサッカー選手です。

Profile Picture

2022年5月31日(火) の出演 お二人の出演 

伊東 潤 様

俳優

プロフィール

長野県出身で、高校卒業後に上京。東京アナウンス学院、劇団青年座研究所を経て、2016年から青年座に所属しています。本公演「真っ赤なUFO」「横濱短篇ホテル」などに出演されているほか、過去にはラジオパーソナリティも務めるなど、幅広い分野で活躍されています。

Profile Picture

尾島 春香 様

女優

プロフィール

群馬県出身。高崎健康福祉大学で教員免許を取得し、卒業後は地元の小学校で1年間教員として勤務されていました。退職後に上京し、劇団青年座研究所に入所。2019年から青年座に入団し、昨年は本公演「ズベズダ〜荒野より宙へ〜」に出演した他、青年座以外にも客演で多数出演するなど、精力的に活動中です。

Profile Picture

2022年5月24日(火) の出演 お二人の出演 

覚 和歌子 様

かくわかこ

詩人・作詞家

プロフィール

作詞家として平原綾香さん、小泉今日子さん、沢田研二さんなど多くのアーティストの作詞を手がけ、2001年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも』の作詞で日本レコード大賞金賞。 2008年、映画『ヤーチャイカ』では谷川俊太郎さんと共同監督をつとめられました。 2011年に、私菅野結花が製作した東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』の主題歌に『ほしぞらとてのひらと』の楽曲を提供していただきました。詩集に『ゼロになるからだ』、『海のような大人になる』エッセイ、絵本など著作多数。音楽ライブ活動、ワークショップなどのほか、谷川俊太郎さんとの<ライブ対詩>など詩作を軸足に多彩な活動を行われております。

Profile Picture

黒川 隆介 様

くろかわ りゅうすけ

詩人

プロフィール

16歳から詩を書き始め、国⺠文化祭京都2011にて京都府教育委員⻑賞を受賞。最新の詩集は『この余った勇気をどこに捨てよう』。マガジンハウス『POPEYE Web』や、タワーレコードのWebメディア『Mikiki』で詩を連載。脳科学者からラッパーまで枠を超えた対談を多数行い、雑誌『BRUTUS』の本特集でも対談が4ページに渡り組まれる。詩人の傍らコピーライターとしての一面も持ち、企業の広告コピーも手がけられております」

Profile Picture

2022年5月17日(火) の出演  

ナザレンコ・アンドリー 様

政治評論家

プロフィール

1995年、ウクライナ東部のハリコフ市生まれ。ハリコフ・ラヂオ・エンジニアリング高等専門学校の「コンピューター・システムとネットワーク・メンテナンス学部」で準学士学位取得。2013年11月~14年2月、首都キーウと出身地のハリコフ市で、親欧米側学生集団による国民運動に参加。2014年3~7月、家族とともにウクライナ軍をサポートするためのボランティア活動に参加。同年8月に来日。日本語学校を経て、共愛学園前橋国際大学で経営学を学び、現在は貿易会社で勤めながら政治評論家としても活動している。ウクライナ語、ロシア語のほか英語と日本語も堪能。著書に『自由を守る戦い―日本よ、ウクライナの轍(てつ)を踏むな!』(2019年)と「プーチンの戦争」(2022年)などがございます。

Profile Picture

2022年5月10日(火) の出演  

二村 仁也 様

ふたむらじんや

俳優

プロフィール

奈良県出身 俳優
映画、ドラマ、舞台などジャンルを問わず活動中
最近の出演作品として
白石和彌監督「死刑にいたる病」、近藤啓介監督「脱走球児」など
また、10月からシアタークリエにて上演される舞台「アルキメデスの大戦」にも出演予定

Profile Picture

2022年5月3日(火) の出演  

小笠原 景子 様

おがさわら けいこ

俳優

プロフィール

岩手県釜石市出身。市民有志による劇団もしょこむの代表であり、俳優。
2020年より宮古こども劇団デイジーで講師を務める。近年では、朗読劇「あの日から~加奈子~」、震災復興ラジオドラマ「10年目の秋」に出演するなど、活躍の幅を広げて
◆劇団もしょこむとは
2015年、釜石市の地元有志により結成された。旗揚げ作品の「平行螺旋」では、仮設住宅で暮らす姉妹の物語を実際の仮設住宅で上演。被災地の声を届ける作品として反響を呼び、県内各地や都内でも公演を行った。
その後も定期公演を重ね、地域密着型の劇団として現在も活動を続けている。

Profile Picture

2022年4月26日(火) の出演 お二人の出演 

宮本 京佳 様

女優

プロフィール

「扉座研究所、劇団ANDENDLESSを経て、多数の舞台に立たれています。
自主映画『連鎖』にてヒロインを務めたことで映像へも活躍の場を広げ
現在はあらゆる媒体で女優として活動。
殺陣集団武人会公演では、作・演出を務めるなど女優以外の演劇活動も意欲的に行っています。」

Profile Picture

寺田 結美 様

女優

プロフィール

2015道頓堀学生演劇祭で助演女優賞受賞。上京してからは小劇場のほかテント公演にも出演。2019年上演シアターコクーンレパートリー『唐版風の又三郎』では、そのスタイルを生かした印象的な幕間シーンを担当。2020年には下北沢ザ・スズナリで初主演舞台を踏み大盛況のうちに終えました。

Profile Picture

2022年4月19日(火) の出演 

こもだ まり 様

俳優・ 脚本家・演出家

プロフィール

演劇実験室・天井桟敷のマイクアジテーターであった昭和精吾が設立した昭和精吾事務所の二代目代表。
昭和精吾事務所ではおもに寺山修司作品を上演し、舞台装置もなく、声の力だけで情景を鮮明に想起させる語りは、「言葉の洪水」などと評されています。
俳優・ 脚本家・演出家として活動。事務所公演以外にも寺山修司・岸田理生・三島由紀夫作品や、アングラの潮流を汲む劇団へも多数出演。2017年、寺山修司記念館20周年特別公演 幻想市街劇「田園に死す」三沢篇に参加。ボーカルとしても活動。赤坂BLITZのKαinワンマン公演のパフォーマンス演出、虚飾集団廻天百眼の演出補。また2017年よりヒューマンアカデミー演技講師となり、自身でも語りのワークショップを開催されています。

Profile Picture

2022年4月12日(火) お二人の出演 

八木 大輔 様

やぎ だいすけ

ピアニスト

八木大輔さんと秋川風雅さんのお2人でDUOでアルバム
https://ebravo.jp/archives/111768

プロフィール

4歳よりピアノをはじめる。2017年第7回ピアノタレント国際コンクールにて大賞および聴衆賞、第30回ポッツォーリ国際ピアノコンクールにおいて第3位受賞。2018年第4回スタインウェイコンクールin Japanにて大賞受賞、チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール古典派部門で第1位受賞。 2021年9月モツアルテ国際ピアノコンクール最上位入賞など、数々の国際コンクールにて最年少受賞を果たす。

Profile Picture

秋川 風雅 様

あきかわ ふうが

ピアニスト

プロフィール

父はオペラ歌手、母はピアノ講師、祖父は声楽家という音楽環境に生まれ、3歳で初のリサイタルを開催。6歳の時日本フィルハーモニー管弦楽団と共演。2021年イタリアで開催された国際コンクール「チャンピオンズ・キーボード」ベートヴェン部門第1位。またハンガリーで行われたホロヴィッツ・コンクールにてフェリックス・ブルーメンフェルト記念賞[大会最高位賞]を受賞。

八木大輔さんと秋川風雅さんのお2人でDUOでアルバムを出されてます。
https://ebravo.jp/archives/111768

Profile Picture

2022年4月5日(火) の出演 

保屋野 美和 様

ほやのみわ

HP https://www.miwa-hoyano.com/

プロフィール

ピアニスト
父はオペラ歌手、母はピアノ講師、祖父は声楽家という音楽環境に生まれ、3歳で初のリサイタルを開催。6歳の時日本フィルハーモニー管弦楽団と共演。2021年イタリアで開催された国際コンクール「チャンピオンズ・キーボード」ベートヴェン部門第1位。またハンガリーで行われたホロヴィッツ・コンクールにてフェリックス・ブルーメンフェルト記念賞[大会最高位賞]を受賞されております。

Profile Picture

2022年3月29日(火) の出演 

川畠 成道

かわばた なりみち

川畠 成道オフィシャルサイト http://www.kawabatanarimichi.jp

プロフィール

1971年、東京生まれ。視覚障害を負った幼少期にヴァイオリンと出会い音楽の勉強を始める。桐朋学園大学卒業後、英国王立音楽院へ留学。1997年、同院を同院史上2人目となるスペシャル・アーティスト・ステイタスの称号を授与され首席卒業。1998年、東京・サントリーホールにおいて小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー交響楽団との共演でデビュー。その後、英国と日本を拠点にソリストとして精力的な活動を展開し、毎年数多くのリサイタルと国内外の主要オーケストラと多数共演を行っている。2004年、英国にてマリア・ジョアン・ピリス、ハインリッヒ・シフ等と共にチャールズ皇太子主催のリサイタルシリーズに邦人アーティストとして唯一人招かれ、英国人ピアニストとのデュオで高い評価を得る。2005年、イタリア・ボローニャ歌劇場にて開催されたボローニャ歌劇場室内合奏団とのヴィヴァルディ「四季」の演奏は、満員の観衆が総立ちとなる喝采を受ける。2006年は、ユベール・スダーン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の日本ツアーのソリストに起用された他、米国、中国等でリサイタルツアーを開催。2007年、スロヴェニア国立マリボール歌劇場管弦楽団との共演でヴォルフ=フェラーリ作曲「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」を日本初演、また同楽団のスロヴェニア公演でもソリストを務める。2011年には、欧州最高のオーケストラのひとつであるキエフ国立フィルハーモニー交響楽団の日本ツアーのソリストとして成功を収め、2013年、2019年にも再び共演するなど、着実な歩みを進めている。
CDは、1999年リリースのファーストアルバム「歌の翼に」、セカンドアルバム「アヴェ・マリア」(ビクターエンタテインメント)が20万枚の記録的大ヒットとなり各地で売り切れ公演が続出、大きな話題を集めて以来、2018年のデビュー20周年記念アルバム「J.S.BACH 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006」まで15枚をリリースしている。尚、デビュー10周年記念CD「ザ・ベスト」と11枚目のCD「川畠成道|クライスラーを弾く」、13枚目の「無伴奏の世界|川畠成道」は、レコード芸術誌で特選盤に選ばれている。
「徹子の部屋」、「スタジオパークからこんにちは」などのテレビ番組にも出演。エフエム世田谷「川畠成道のレディオ・ストリングス」では5年間パーソナリティーを務めた。弦楽器専門誌 「サラサーテ」における連載は2007年より継続、好評を得ている。
デビュー当初より音楽活動の傍ら、積極的に国内外でチャリティコンサートを行う。
中学音楽鑑賞教材や高校英語・現代文教科書、高校入試問題やNHKラジオ高校講座「現代文」に映像や文章が使用される等、社会派アーティストとしても多方面に影響を与えている。
文部科学省スペシャルサポート大使。日本弦楽指導者協会関東支部所属。

Profile Picture

2022年3月22日(火) の出演 

六弦詩人義家 様

ろくげんしじんよしいえ

Facebook https://m.facebook.com/yoshiie.rokugensijin
lnstagram @rokugenshijinyoshiie

プロフィール

クトリックギターと詩の朗読を重ねたパフォーマンスを繰り広げる孤高の吟遊詩人
プログレッシブロック、テクノ、民族音楽等、多岐に渡る音楽をルーツとし独自の世界観を構築する。強烈なフィードバックを駆使したギターの旋律は聴衆を恍惚の極致へと誘う。
小滝みつる(ex 戸川純とヤプーズ)とのユニットECSTASY TWINSで活動する。
野外テクノパーティGLOBAL ARKのオーガナイズメンバーを務め、国内屈指のパーティへと牽引して来た。
これまでに渡辺香津美、押尾コータロー、大友良英、七尾旅人、青葉市子、渋さ知らズ、KENTA HAYASHI等多数のミュージシャンと共演。
2016年には活動拠点でもある下北沢の文化運動体SHIMOKITAVOICE実行委員長に就任する。
以降、街を舞台にしたライブやシンポジウムの企画、ドキュメンタリー映画の製作を手掛ける。

Profile Picture

2022年3月8日(火) ・3月15日(火)お二人の出演 

黒田亜樹 様

くろだ あき


オフィシャルサイト http://www.kuroaki.net/
Aki Kuroda 黒田亜樹Twitter @kuroakimilan
黒田 亜樹 (Aki Kuroda)Facebook https://www.facebook.com/aki.kuroda.12

プロフィール

東京芸術大学卒業後、イタリア・ペスカーラ音楽院高等課程を最高位修了。
フランス音楽コンクール優勝。ジローナ20世紀音楽コンクール現代作品特別賞受賞。現代音楽演奏コンクール優勝、朝日現代音楽賞受賞。卓越した技術と鋭い感性は作曲家からの信頼も高く、「ISCM世界音楽の日々」「現代の音楽展」「サントリーサマーフェスティバル」「B→Cバッハからコンテンポラリー」など、主要な現代音楽演奏会にて内外作品の初演を多数手がける。ビクターより「タンゴ・プレリュード」「タンゴ2000」をリリース。タンゴの本質を捉えた表現と大胆なアレンジは各方面で注目された。2013年にはバンドネオン奏者の小松亮太氏とともにピアソラ作曲オペラ『ブエノスアイレスのマリア』を、ピアソラ元夫人で歌手のアメリータ・バタールを迎え完全上演し話題を呼んだ。国外ではサルデーニャのSpazioMusica現代音楽祭でブソッティ作品の初演、パルマのレッジョ劇場でキース・エマーソンの代表作「タルカス」を現代作品として蘇演、シチリアのエトネ音楽祭出演などイタリアを中心に活動。
作曲家・植松伸夫と浜渦正志の指名により録音した「PianoCollections
FINALFANTASY」やイタリアLIMENレーベルよりリリースした「ブルクミュラー練習曲全集」のDVDは世界中のファンに親しまれ、ソリストとして欧州諸国、イラン、シベリアクラスノヤルスク、キプロスなどの音楽祭にも招聘されている。
2014年アメリカのオドラデクレーベルより「火の鳥」~20世紀音楽ピアノのための編曲集リリース。イギ リスBBCミュージックマガジンで5つ星を獲得、レ コード芸術誌特選盤となる。2020年チェリスト水谷川優子と「Black Swan〜ヴィラ=ロボス チェロとピアノ作品集」をリリース。NY Public Radioでベスト新譜に選出される。「東京現音計画」メンバー としてサントリー芸術財団第13回佐治敬三賞(2013 年度)受賞。
ピアノ演奏法の優れた教師としても知ら れ、国際コンクールの上位入賞者を多数輩出してい る。ペスカーラ音楽院教授。ミラノ在住。

Profile Picture

水谷川 優子 様

みやがわ ゆうこ


オフィシャルサイト https://yuko-miyagawa.com/
Facebook https://www.facebook.com/YukoMiyagawa.Cello/

プロフィール

「交響楽団の祖」と呼ばれる祖父、近衛秀麿の遺志により5歳からチェロを始め、桐朋学園女子高等学校音楽科卒業、同大学ディプロマコースを経て、ザルツブルク・モーツァル テウム音楽院首席卒業、同大学院修士修了マギスターの称号を得る。同時期にローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミーのソリストコースにて研鑽を積みながらヨーロッパでの演奏活動を開始した。第6回東京国際室内楽コンクール優勝、併せて齋藤秀雄賞とアサヒビール賞を受賞、イタリア・カラブリア芸術祭コンクール優勝、ピネローロ国際室内楽コンクール2位、バロックザール賞など多数受賞。 多数のソロアルバムが「勇気づけ、包んでくれるような暖かい音色」(東京新聞)「心をノックするチェロ」(毎日新聞)などと評されている。ソリストとしての他に邦楽などの異分野アーティストとのコラボ(NHK第35回日本賞授賞式で能管の一噌幸弘氏と皇太子御夫妻のご列席のもとで記念演奏)や、「Ensemble φ(ファイ)」「Trio SolLa(トリオ・ソ ラ)」のメンバーとしても活動中。現在、日本をはじめ各国でソリスト、室内楽奏者として演奏。近年はエジプトやヨルダン、シンガポールなどに招聘されオーケストラと共演している。ユニークな活躍ぶりが注目されラジオやテレビへのゲスト出演も多く、2018年4月より1年間ラジオ番組MUSIC BIRD「コンサートイマジンPresents 今トキ! クラシック」のパーソナリティに抜擢、また出演したNHK FM「長崎・祈りの音色」が平成30年度文化庁芸術祭 優秀賞受賞、その演奏が高く評価された。
2020年秋、黒田亜樹とタッグを組んで世界同時リリースしたアルバム「Black Swan〜ヴィラ=ロボス チェロとピアノ作品集」は翌月のNY Public Radioでベスト新譜選出、世界各国のラジオで流れているなど好評を博している。ベルリン在住。

Profile Picture

2022年3月1日(火) 出演

kurumi 様

くるみ

【アイオケ】
アイオケオフィシャルサイト https://i-ok.jp/
アイドルオーケストラTwitter  @i_orchestra_
アイオケofficial lnstagram @idol_orchestra_official

プロフィール

ニックネーム:くるみん
出身地:千葉県
特 技:どこでも寝れる
誕生日:5/27
血液型:A型
担当:Vn.
一言:パワフルな演奏をお届けします☆

・5歳よりヴァイオリンを始める
・武蔵野音楽大学卒業
・第 18 回“万里の長城杯”国際音楽コンクール弦楽器大学の部 第 3 位入賞
・学生時代より、障害者施設や病院、冠婚葬祭での演奏、ロックバンドのレコーディングやライブのサポートなど様々な場面でクラシック、ジャズ、ポップス、ロック等、ジャンルを超えた幅広い音楽性でのバイオリン活動を行う

Profile Picture

2022年2月15日(火) ・2月22日(火) 出演

紅 様

べに

Shibari performer

プロフィール

ショーダンサーを経て様々なエンタメやアートに出会うため、3ヶ月間米国、南米、ヨーロッパを旅し、
日本の伝統的な文化芸術である緊縛 "SHIBARI" がアートとして世界に認められていることを知る。
帰国後、
世界のロープアーティストHajimekinoko氏のパフォーマンスを見、緊縛の世界に魅了され師事する。
縛り手を学ぶ為、受け手を学びそのNY,Miami,Detroit等の海外主要都市にてショーを務める。
最近では縛り手の修行、自身を縛り吊り上げる自吊りを始め、
メキシコで初のソロショーを行うなど活躍の場を広げている。

Profile Picture

2022年2月8日(火) 出演

寺沼 健翔 様

てらぬま けんしょう

プロサッカー選手

プロフィール

京華中学高等学校の後に
順天堂大学スポーツ健康科学部に進学しサッカー部に入部
大学サッカートップレベルの選手たちとプレーをしながら揉まれ続けたが
大学1年生からの目標であった関東大学サッカーリーグ出場が後一歩のところで途絶える。
悔しさからサッカーを諦める事が出来ず、ドイツへと環境を移す。
1年目、2年目はドイツ5部のチームに加入する。
3年目で4部のチームとプロ契約を結ぶ。
現在19試合7得点と調子を上げている。

Profile Picture

2022年1月25日(火)・2月1日(火) 出演

古澤 裕介 様

ふるさわ ゆうすけ

俳優

プロフィール

大学卒業後三浦大輔氏主宰の劇団ポツドールに参加。 
その後鉄割アルバトロスケット、ゴキブリコンビナートと個性派3団体で活躍。
その独特な演技が注目を集め、テレビドラマ、ミュージックビデオ、映画などで幅広く活躍している。
現在公開中の話題の映画【浅草キッド】にもご出演中。


Profile Picture

2022年1月18日(火) 出演

LAZYgunsBRISKY 様

レイジーガンズブリスキー

ガールズロックバンド

プロフィール

2006年、高校在学中に結成。
ビートルズやローリングストーンズ等の60ʼSの若者ロック文化をルーツに、R&BやHiphop等の音楽スタイルを取り入れ、オルタナティヴなサウンドを構築。
ライオットガール・ムーヴメントを彷彿させる風貌と激しく感情的なライブパフォーマンスは必見!
海外リリースやツアーもこなしワールドワイドに活動する枠に収まりきらないガールズロックバンド。

HP:https://lazygunsbrisky.com/

 

Profile Picture

2022年1月4日(火)、1月11日(火) 出演

戌井 昭人 様

いぬい あきと

作家・小説家・俳優

プロフィール

大学卒業後、劇団 鉄割アルバトロスケットを旗揚げし、脚本と出演を担当。
2013年に『すっぽん心中』で第149回芥川龍之介賞候補、第40回川端康成文学賞受賞。
役者としても映画、テレビドラマ、CMなど多数出演されております

鉄割アルバトロスケットHP:https://www.tetsuwari.com/top/index


 

Profile Picture


コトノ葉ノコト ゲスト

2021年12月26日(日)出演

広山 詩葉 様

ひろやま ことは

女優・プロデューサー

プロフィール

舞台、映画、テレビドラマ、CMなど幅広い分野で女優として活動中。
ご自身でも劇団を立ち上げるなどプロデュースの方面でも活躍されています。
この度、主演兼プロデュースをつとめる映画「truth~姦(かしま)しき弔いの果て~」で
海外の映画賞を今の時点で、なんと6つ受賞されているということです

HP:https://www.hiroyamakotoha.com/profile

 

Profile Picture